昨日の記事でもお伝えしましたが、

今回は「クリスマスをテーマにした俳句」

を書いてもらったので

そちらを公開していこうと思います♪(*´▽`*)


それではいってみましょう!!



S__35110918
クリスマス 
サンタクロース
ご苦労です

サンタさんへのねぎらいの言葉!笑


S__35110921
クリスマス
贅沢する言い訳
魔法の言葉

わかる~~!!クリスマスだし、年に一回だし、たまにはいっか(・ω<) テヘペロ
ってなりますよね笑


S__35110922
クリスマス
一度は夢見た
ホール食い

これもわかります!!やった事あるんですが食べきれませんでした笑


S__35110923
サンタさん
いるなら会わせて
慎之助(>_<)

これはまこちゃんっぽい笑



S__35110924
クリスマス
毎年風邪菌
プレゼント(…される)

今年は大丈夫なようで良かったです笑(今日12月24日出勤)


S__35110920
クリスマス
ラブホが混むから
お早めに

これは笑いましたw 皆様、24日、25日のご利用はお早めに!!


S__35110925
きらめく町
一人寂しく
家帰る

詩人めいをの一作目!
✨きらめく町✨から、残りの二行で一気にクールダウンする感じが良いです笑
(*^▽^*)→( ・-・ )


S__35110926
クリスマス
いい子の私に
サンタ来い
ヽ(#`ω´#)ノ

しょうこちゃんならきっとサンタさん来ると思います(意味深)



というわけで俳句は以上となります♪



ここからはイブにちなんで、僕のちょっとした小話を、、、



店長の小話

恥ずかしながら僕は小学校5年生までサンタさんを信じていました。

これを言うとビックリされるのですが

理由があります。



3年生頃からサンタさんは居ないと

なんとなく悟ってはいました。

でも僕は信じているテイで

その年も、その次の年も

イブの夜は枕元にプレゼントを

置いてもらっていました。

そして小5のイブの夜。

ついに僕は母親に言いました。

「サンタさんなんていないのわかってるよ」

これに対して母親は何も言いませんでした。

それからテレビを見たりして過ごし

数時間ほど経った頃でしょうか。

外からリンリンリンと鈴の音が聞こえてきました。

団地の5階から窓を開けて外を見てみると、

鈴の音はわりとすぐ近くから聞こえてきます。

キョロキョロと辺りを見まわしてみると

向かいの棟のちょうど屋根の上あたりの夜空に

キラキラした光の集合体のようなものが見えて

鈴の音はそこから聞こえてきているのがわかりました。

さらによ~く見てみると、

その光の集合体は少しずつ前進しているではありませんか…!

僕は感動からか涙が止まらなくなり、

母親を呼んで、キラキラを指さし、

「あそこを見て!見える!?

サンタさんが空を走ってる!(;O;)」

と言いました。

母親はにっこり笑って、「ね?サンタさんは居るんだよ」

と、、、

小学校5年生ともなれば、まあまあ物事の分別はついています。

でもハッキリと見えたんです。

あれは何だったのか…

今でもクリスマスの度に思い出しては不思議な気持ちになります。


以上です。(長くなってすみません)

それでは、、、皆さん素敵なイブの夜をお過ごし下さい(^-^)